choplate_LOGO_B1

2021年3月末ごろ。

ある新製品が、SNSでひっそりと公開されました。

その名も CHOPLATE(チョップレート)

choplate10choplate05



公開直後から大きな話題となり、1日で1000以上の予約が殺到。
一時は予約受付を休止するほどの事態になりました。



今回は、この製品の開発背景をお話していきます。








1.どうスタートを切ったらいいのか

chopstory02


TENT アオキ(写真左)
こんにちは、今日はCHOPLATEのメーカーである河辺商会の社長 福田さんと、プロセスを振り返っていきたいと思います。


河辺商会 福田さん(写真中央)
こんにちは、よろしくお願いします。


TENT ハルタ(写真右)
よろしくお願いします。




chopstory03


アオキ
もともとは、どのように始まったんでしたっけ


福田
うちはずっとBtoB(メーカーなどの注文を受けて、部品を製造し納品する形)で樹脂の成型工場をやってきたんですけど

2年前くらいやったかな、会社のみんなの前で「これからは自社商品をやっていきたいね」って話をしたんです。


アオキ
それは、社長として、社員さんへ発信したということですか?


福田
そうですね。ちょうど若手社員で「自社商品やりたい」て言うてた子もいたんで、三人くらいで集まって何を作ろうかって考えてみたりもしたんですね。

TENTさんへ相談する2、3ヶ月前やったと思います。


ハルタ
そうだったんですね。


福田
でも自分たちで話してても、どうスタートを切ったらいいのかがわからなくて。ちょうどそのときに「大阪製ブランド」のホームページを見かけて。

製造メーカーさんの話がいろいろ出てるじゃないですか。そこから藤田金属さんとTENTさんのフライパンジュウとそのストーリーに辿り着いて。

jiu60



福田
「ああ、これがやりたかったんやな」って。


アオキ
ふむふむ


福田
実際に他のデザイナーさんにも聞いてみたんですけど、Webデザインとかパッケージデザインとかはできても、商品をイチから企画するデザイナーさんは全然見当たらなくって。

思い切ってTENTさんへメールしてみたんです。

chopstory04




アオキ
そうでした。それで僕たちが大阪出張の際に立ち寄って、工場見学させていただいて。


福田
そう、来ていただいたんですけど、あの当時、自分らが何をしたいかってことが、自分たちにも何にもわかってなかったんです。





2.答えがない中で何を作るべきか


アオキ
その2週間後くらいでしたっけ。TENTが沢山のアイデアを提案しましたね。ノンジャンルでいきなり提案させていただいた。

当時はどんな印象を受けましたか?

chopstory06



福田
これまでウチは家電の部品なんかを多く請け負ってきた工場やったんで、雑貨と家電で言うたら、家電をやりたいなあっていうイメージがあったんですね。

でも提案されたものの多くは家電というよりは雑貨感があるものだったんで。ちょっと違うかなあと思いましたね。


アオキ
なるほど、たしかにその時はすごく微妙なリアクションだった気がします。


福田
今になって思い返せば、どの案もウチの工場内だけで製造できる商品を提案してくれてたんやなって思います。家電だと他の人と組まないとできへんからね。

chopstory07

当時提案したスケッチのごく一部




ハルタ
最初は「VRゴーグルなんかを開発したい」とおっしゃってましたもんね。でもそういうものだと、河辺商会さんで外装は作れても、中身を作ることができないから。


福田
そうなんですよね。でも最初納得してなくて「もう一回考え直して欲しい」ってお伝えしたんですけど。


アオキ
そうですね、2回目の提案もさせていただいた上で
「これが自分たちのできるベストです」と。

chopstory08

2回目提案資料のごく一部




福田
それを聞いて「なるほどな」と。
自分たちにも答えがなかったんで迷ってしまったんですよね、うん。

chopstory05



アオキ
それから案を絞り込んだわけですけど、どう決めたんでしたっけ。


福田
まずは基本的には「ウチの工場でできるもの」というシンプルな考えで絞り込みましたね。例えば大型なものは自社で作れないからやめておこう、とか。


ハルタ
そうでしたね。やらない判断というよりは、自社ですぐできるものから優先的に進めていこうというイメージでした。


アオキ
それで、この案が選ばれていたわけですけど

chopstory09



ハルタ
この時は四角かったんですね


アオキ
実はこの四角いスケッチの段階では正直、僕自身も
「何か良さそうな気がするけど、これでいいのだろうか」
っていう迷いがあったんです。

当時この案を見た河辺商会の若手社員さんが
「これ、刺身切って食べる時とかに皿にうつさなくていいのが良いですね」
って個人的な意見をポっとコメントしてて。


福田
そんなことありましたっけ


アオキ
言った本人も、もしかすると覚えてないかもしれないくらい一瞬のコメントだったんですけど。皿にうつさなくて良いという部分に、僕としてはハっとしたんです。

そこを起点に考えた結果、よりお皿らしくしたスケッチを描いて
「これはいける、自分も欲しい!」
確信することができました。

chopstory10

2回目提案資料のごく一部



3.腹を括る覚悟

福田
案としては決まったんですけど、自分らのほうでは、どこに河辺商会らしさを表現したら良いかなあっていうのがありました。


アオキ
技術的な部分についてですか?


福田
そうそう。例えばウチは樹脂の成型メーカーだから、リサイクル材料であったり、生分解性の材料を使うなど工夫できないかなと。


アオキ
たしかに材料の検討には、かなり多くの時間が使われましたよね。

chopstory34




福田
6ヶ月とか8ヶ月とか、ずっと材料の検討してました。サンプルを作ってはナイフで切れ込み入れてみたり。成型しやすさはどうか検証したり。

ところが金型を作ってみないとわからないことがあまりにも多くて材料を決めることがなかなかできなくて。開発が停滞してしまった。


アオキ
当時はクラウドファンディングで資金を集めてから金型を作ろうって話してましたもんね。

でもクラウドファンディングするにしても材料は決定しておきたい。

ところが金型を作ってみないと、本当にはどの材料がベストかが見えてこない。堂々巡りでした。


福田
そうそう、歯痒かったんですよ本当に。
「やる」って言ってんのに、どうして進まへんのやろって。

悩んだ結果、僕が「金型の費用は出す」って決めてしまえば、いろんなことが進むんやって気付きました。

あそこで腹を括りましたね。


アオキ
どうなるか分からないけど、金型を作ろう、と。


福田
そうです。結局、初期の提案いただいてからこの決断までで、丸1年かかってしまいました。

chopstory11






4.想定外のトラブルをプラスに

アオキ
金型の製造が始まってからは一気にスピードが上がった気がします。
ただ、材料とその成型については、やはり色々ありましたね。


福田
実際の金型を使って、様々な材料を試しました。リサイクル材、生分解性材、アクリル、ABS、ポリカ、、、

chopstory12




アオキ
ナイフ傷が簡単にはつかない材料ということで、当初からSPS材は第一候補に上がっていたんですよね。

ところが、SPS材料で作ると思わぬトラブルが発生した。

実は当初のデザインイメージとしては、黒くてマットな、シンプルなお皿をイメージしていたんですね。

chopstory13

初期の試作では
完全にマットな黒をイメージしていた




アオキ
なので、SPS材の最初の成型サンプルをみた時は、正直ゾっとしました。

chopstory14


ハルタ
樹脂と配合しているガラス繊維の流れが、奇妙な模様のようになって表面に現れてしまった。

chopstory15


アオキ
SPS材は、ずっしり重くて叩くとカンカン音がするほど堅くて。
「この奇妙な模様さえなければ最高なのになあ」
と思ってました。

ずーっと悩んでいても仕方ないので、とりあえず家で使ってみることにしたんです。

chopstory15chopstory15



アオキ
実際に食べ物を置いてみたら、あんなに嫌だった模様が、むしろ食べ物を美味しく感じられるような、味のあるテクスチャーに見えてきたんですよ。

chopstory18




ハルタ
ある意味「焼き物のお皿にあるような質感」というか。


アオキ
ですね。僕は「輪切りの大根のような繊維感」って思ってましたけど。

いずれにしても食べ物を置く皿として魅力的に見えてきたんですよね。

chopstory19

福田
「食べ物を置いてみるとよく見える」っていうのは、眼から鱗と言いますか、驚きでしたよ。

私らの工場では、ガラス繊維を配合したときに生じるこの模様は、普通はダメな物として捉えてました。大手メーカーさんの部品では、この模様をなくすために、わざわざ表面に塗装していたりもしますから。


アオキ
とはいえ当時のサンプルは今みたいに綺麗ではなかったので「なんとかなりませんか」ってお願いしました。


福田
この模様を活かす形で整えていくのは、なかなか難しかったですね。


アオキ
そのあたり、言える範囲での工夫などはありますか?


福田
普通の樹脂は100度で成型できますから、お湯で金型を温めれば成型できます。

でも今回のSPS材は150度じゃないと成型できませんから、金型に追加工してヒータを入れ込んだりして、温度管理がけっこう大変ですね。

成型後の歪みもかなり生じたんで、治具(ジグ)の工夫もしました。


アオキ
どこの工場でも簡単に作れるというものではないんですね。


福田
そうやと思います。できるかできないかというより、こんなめんどくさい製造工程をやる工場は、そんなに多くないと思います。

chopstory20





アオキ
ちなみにさきほど「眼から鱗」とおっしゃってましたけど、この模様はその後、工場の皆さんの中で「活かすべき良いもの」という認識に変わりましたか?


福田
私は、サンプルの段階で家で使ってたんで、なんとなくイメージできてました。水洗いして使ったら「ええやん」って。

でもまだ実際に使ってない社員もいるんで「これでええんかな」って思ってる人はいると思います。

せっかくそれまで苦労したシボ(表面の微細な凹凸)なんかもね。


アオキ
そうですね、SPS材に決まる以前の、まだ金型を作る段階で「樹脂でありながら暮らしの中で使いたくなる質感とは何か」を検討するために、ものすごく細かくシボ調整のやりとりをしてました。


ハルタ
でも最終的にはこの模様が入ったことで、シボがあんまり見えなくなったと言うか。


アオキ
そうなんですよね。でも見た目としては感じにくくなったんですけど、機能のためのシボという意味で、今でもベストだと思いますよ!

手触りと言い、切りやすさや洗いやすさと言い、このシボしかないなと。

chopstory21



アオキ
実は最初にいただいた10枚くらいのサンプルを、知り合いに渡して感想なんかも聞いてたんですけど

「まな板として使える部分も良いけど、電子レンジや食洗機に対応してて、何より皿として格好良い!
と言ってもらえることが多くて。

結果的には、この素材ならではの特徴が一番出せたんじゃないかなって思えました。

choplate09




5.早く言いたくてしゃあない

アオキ
ちなみに、これまでの河辺商会さんでは、自分たちでパッケージまで担当することもなかなか無かったと思うんですけど、その辺りはどうですか。


福田
レコードやCDのパッケージ、チョコレートのパッケージ、人によって受け取り方は違うんですけど。やっぱりパッケージ案を見た時は「さすがやな」と思いましたね。

chopstory22


福田
実は商品名に関しても、提案された瞬間から「なるほど!」って腑に落ちて。当時は社内のみんなにもこのプロジェクトのことを言うてなかったんですけど、「早くこれを世に出してこの名前を言いたいな」ってなってたんです。

chopstory24chopstory23


最近ではCHOPLATE(チョップレート)って名前が社内でも当たり前のように使われてるんで、ほんとよかったなと思ってます。

chopstory25




ハルタ
発売したばかりではありますけど、公開されてから、社内の雰囲気とかは変わりましたか?


福田
変わりましたよー。これまでは社員のほうから私に声かけてくれるって少なくって。ほんま寂しいんですけど。


ハルタ
「偉い人がきたぞ!」って感じですかね。


福田
「苦手な人きたわ」って感じやと思うんですけどね。でも今は社員の方から僕にCHOPLATEの話題を振ってくれて。「よかったですね」と言ってくれて。

chopstory26

福田
みんなの中でも「自分たちの商品なんや」って意識してくれるようになったんかなって。人ごとじゃないというか。


アオキ
社内でSNSなんかの評判をみてる方はいますか?


福田
ほとんどの人がSNSやってないんで知らへんと思います。


ハルタ
それはもったいない!すごく良い反響が見られるのに。

chopstory27

アオキ
良い感想をプリントアウトして社内掲示しちゃいたいくらいですね。


福田
パートさんが関わってるので彼女らがテンション上がると良いなと思いますね。

実は先行予約分の製造が落ち着いたら、働いてくれているみんなにCHOPLATEを1枚ずつプレゼントしようとも考えてるんです。


アオキ
それは素敵ですね!

ちなみに、CHOPLATEで河辺さんはBtoC(一般の方に向けて商品をつくること)を始めたわけですけど

「これから同じように自社商品を始めたいよ」って方がいたとしたら、伝えたいことはありますか?





6.影響はこれから

chopstory29



アオキ
僕たちがこれまで様々なメーカーさんと仕事をしてきた経験から言うと、元々の社員さんのモチベーションがすぐに大きく変わったってことはなかった気がします。

ただ、一番影響があったのは、むしろ求人のほうですね。


福田
そうなんですか。


ハルタ
ですね。これから来る人たちには影響があると思いますよ。


福田
たしかに「今の自分の仕事プラスアルファで」ってなると重荷になりますもんね。

次に入ってくる人は「こういったことがしたいんだ」ってイメージがあって入るわけだから、変わってくるかもしれないですね。




7.半信半疑を短くする

福田
前にアオキさんが記事にされてたと思うんですけど、やはり自社商品っていうのは誰にも依頼されていないわけだから。

まず最初に投資があって、やるかやらんかを自分で決める。そこがBtoBとBtoCとでは、大きく違うなあと思いますね。


choplate02

福田
自分らの中で「これは世に出したい」とか「やりたい」と思えるものだったら良いですね。半信半疑でやってるのは不幸やなと思いますね。


アオキ
今回は先行予約という形でスタートして本当によかったですね。予約が数千枚入った上で量産ができたので、半信半疑の期間を短くすることができたから。


ハルタ
先行予約してくれた方には、そういった面でも本当に感謝ですね。


アオキ
沢山のご予約、本当にありがとうございました!

chopstory30
choplate_LOGO_B1


CHOPLATE(チョップレート)

本体サイズ:直径174mm 高さ7mm
本体重量:118g
材質:SPS樹脂

¥1,700-(税込¥1,870-)

buy
choplate_LOGO_B1


CHOPLATE(チョップレート)は
株式会社テント と 河辺商会 が共同開発した製品です。


プレスリリースはこちら


画像はこちら

choplate23